テーマ:

(543)見納めの桜

;写真の桜はまもなく切りっ倒される運命にある。道路拡張に伴なうもので、すでにその手前まで拡張工事は済んでいる。ここまで大きくなり毎年楽しませて呉れた桜。如何にも惜しいし、淋しいの声多し。道は広げてほしいし桜は見たい。 その他の桜             佐賀 嬉野温泉  佐賀 古湯温泉            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(537)冬の花:水仙と椿

冬に咲く花は少ない。その中でも代表的な花は水仙であろう。水仙にも色々有るけれど、私は素朴な日本水仙が好きだ。もっともこれも地中海が原産地で遥々日本に辿り着いたものとかを何かで読んだ。それは兎も角としてあの真っ白で清楚なそして小さげな花がすっと伸びた茎の先にぽつりと咲く風情は極めて日本の風土に合う。daffodilなど洋水仙はそれは華やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(510)新緑の季節雑感

今年も新緑の季節になった。山々は淡いパステル調の黄味を帯びた緑に覆われる。一年の中で、最も好ましい季節だ。少なくとも私にとって毎年待ち遠しい時期である。何か未来が拓けるような温かい心境になる。今年は気温が高く、今日あたりではすっかり葉も出揃いすぐに濃緑に変わってしまいそうだ。濃緑はそれの盛りの様で、私は好まない。下の写真は好みからい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(458)早春の野辺

早春の野辺に出てみました。3月中旬とはいえ、まだまだ寒気がきつく肌寒さを感じましたが、畦道には小さな色々な花が咲いていました。カメラに収めてみました。残念ながら殆ど花の名前を知りません。 ; 野草ではありませんがこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(442黒川)ダリア園

川西市黒川のダリア園には420種3000株のダリアがあるそうだ。地元の人達が育てている。ほんの一部を紹介。下段2枚は同園の白い彼岸花とコスモス。 最後の2枚の写真は同園に咲いていた彼岸花とコスモス。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(386)今年もクリンソウを観に行った

5月13日今年も篠山市の御嶽のクリンソウを観に行った。 明日から食道がんの治療のため某大学病院に入院するという人のランドクルーザーに乗って男4人。 晴天である。4月とは比べ緑を濃くして来てはいるけれど木々の若葉が陽光に映える。 出掛けるなら山で、街にはなかなか足が向かない。あの街中の人混みと喧騒はやりきれない。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(385)藤の花

兵庫県の山崎町(宍粟市)大歳神社の千年藤を見にいった。西暦960年に植えられたとされる藤である。幹周りが3.8mとかの大木が境内一帯に枝を拡げ花房を下げていた。少し短かめである。何でも今年は短いという地元の人の話で、1m級のものは少なかった。花も盛りを過ぎているとかであった。折からの陽光が藤棚の上から差込み花が輝いて、藤独特のやさしい趣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(347)ダリア

10月のとある日、山仲間の求めに応じて近隣の低山の山歩きをしていて、折角だから近くのダリア園にも足を伸ばしたいというリクエストが出た。10月というのに殊の外蒸し暑い日で汗びっしょりのことでもあり、エエ!まだ歩くのかと思いながら遠路早朝から来てくれているので、付き合わざるを得ないのかと、内心渋々であったが、ダリア園に向かった。ところが見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(256)大町藤公園のふじ

先日、和田山の大町藤公園に行った。爽やかな風が花房を揺らし、明るい昼前の日射しの当る、花見に絶好の日和であった。案内した妻と娘も藤を堪能したようだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(255)三岳山(福知山)と三岳(篠山)

三岳山(福知山市) 日曜日(5/20)に福知山の三岳山(みたけさん)839.2mに登った。中腹のみたけ山荘は雲海を見るスポットということでいつか泊まってみたいと思った。山荘のある喜多地区は380mの高台の集落で、最上部に金光寺があって、なかなか趣のあるところであった。山頂には関西電力の大きな反射板があった。途中の三嶽神社で珍しいものを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(250)ひかげつつじ

4月23日、生憎の黄砂であはあったが、晴天、花も満開ということであったので、山の会の仲間を案内して向山へヒカゲツツジを見に登った。良く咲いていました。久しぶりの山行で今日は腕も足も痛い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(246)かたくりと黄水仙

兵庫県氷上町へ"かたくりの花"を見に行った。前日がかたくり祭であったそうであるが、咲き方はもう一つで、今日この日が一番の見頃ということであった。地元の皆さんの手入れで花のじゅうたんのようになっていた。 その後、近くの達身寺もお参りし、水仙を見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(228)水仙

数日前気になっていた庭木への寒肥をやっと施した。狭い狭い庭で土を掘り上げたりしていたら、水仙の花を倒してしまった。今まで一箇所にしかなかった水仙を、一昨年だったか分散させて植え替えていたので、つい倒してしまった。それを切り取り、小さな花瓶に生けてみた。室内に水仙の香りが漂った。ふくよかないい匂いである。水仙は元々、地中海からシルクドロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(202)久住にミヤマキリシマを訪ねたが

故郷福岡行きを予定していたところ、久住にミヤマキリシマを見に行かないかとのお誘いを受けた。「もう、今登らないと登れなくなるぞ」という殺し文句であった。そうだ、我々には次はないのだとすぐにOKした。私は日本中で何処が好きかと問われると久住!と間髪を入れず答えられるほどの久住ファンである。山ということで考えても日本アルプスより久住山である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(175)月下美人

毎年、この時期になると月下美人が咲く。毎年のことで以前のような感動はもうなくなったが、昨夜も咲きそうだったので、本当は早々と寝間に入りたいところではあったが、咲くのを待っていた。10時ごろであったろうかほぼ開花した。独特の芳しい香りと透き通るような真っ白な花弁。夜の灯りの中で幻想的である。しかも、ただ、一夜だけその妖艶な佇まいを見せて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(132)クリンソウ

週末、生憎の雨で、予定していた篠山三岳のクリンソウを見に行けなくて、もう今年は行けないかと思っていたが、今日はさわやかな晴。昼前から急遽行ってきた。最近発見されたと言うことではあったが、群生していて、新聞にも出ていたようで、今日は、可成の人が来ていた。勿論シルバーばかり。中には畑の傍らにでも咲いているやに思って、スカートをはいたりした平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(131)己高山

腕の痛みも殆ど取れた。昨夜、アイシングしたことが良かったみたいだ。使い過ぎとのお医者さんの話で、フロで水道水で冷やせといわれていたので、それをやって、使いすぎなら、ピチャーではないが、アイシングが良いのではとやってみた。効果テキメン。 ということで、先日来、書きかけて編集中のまま放置していたものがあったので、載せるべく筆を加えました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(63)彼岸花

2007/10/02 11:03 作成分再掲載 今年の夏は、温暖化の関係か、記録にない猛暑であった。九月に入っても夏日がつづき、お彼岸になっても30度を超す暑い毎日であったが、その中で彼岸花は、例年通りきっちりとお彼岸に咲いていた。最近は何かと生態系に狂いが生じてきている中で、その健気さになんだかすごくいとおしい気がした。 写真は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(7) ヒカゲツツジ

作成日時 : 2006/04/30 17:02 再掲載 天気もよいのでと友人と出かけることにして、予ねて聞いていた氷上町の日本一低い分水地、水別れ公園裏の低山、向山(560m~?)にヒカゲツツジを見に行った。低いとは言え、直登。少々きつい。 尾根近くなるとミツバツツジも少なくなって、ヒカゲツツジがみられるようになった。ちょうど満開の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more