(546)lineの危ういさ

lineの普及に伴い、我々のような高々齢者に至るまでも活用するようになった。確かに便利だ。いちいち電話を掛けなくても済む。その気軽さや費用が掛からないところは他のどのような伝達手段にも勝る。しかし、簡潔に素早く伝達できる故に危険がある。何かと言うと発信者の発信時の感情十分が伝わらないことがある。どんな心持でこの短文を発信したのか、また、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(545)夏の花

夏の花は少ない。そう云えば夏の風物詩であった朝顔をこの頃見なくなった。居住地の住宅で最近見かけない.朝顔を見ながら庭や路地に水撒きをする風景が懐かしい。そういう我が家ももう朝顔を育てなくなって何年になるだろう。昨今の夏の暑さは尋常でない。とても朝顔を愛でるような暇もなく、朝からすぐに灼熱の真夏日になる。情緒が無くなった。 そんな中拙宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(544)パソコン・スマホの有る生活の苦悩

パソコンにスマホのおかげで随分と生活は便利日なった。新聞も手紙も辞書も百科事典も買い物等々、書き出せば限りがないが、生活のあらゆる面で多大な恩恵を受けている。  だけど反面大変煩わしい。バージョンアップ、ウイルスなど不正アクセス対策、各種ソフトの取り込み、等々それらを理解し対応するためにはデスク齧りついてあーだこうだと何時間も時間も使…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

(543)見納めの桜

;写真の桜はまもなく切りっ倒される運命にある。道路拡張に伴なうもので、すでにその手前まで拡張工事は済んでいる。ここまで大きくなり毎年楽しませて呉れた桜。如何にも惜しいし、淋しいの声多し。道は広げてほしいし桜は見たい。 その他の桜             佐賀 嬉野温泉  佐賀 古湯温泉            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(542)奄美大島に行って

超忙しいツアーで奄美大島に。伊丹空港からは一日一便、一泊旅行は行きに乗った便の帰り便で帰らざるを得ないので、正味24時間も滞在時間が無い。そこへ持ってきてシステムトラブルとかで出発が遅れ、益々忙しい。それでも行って良かった。 奄美は亜熱帯というのか、少なくともそれに近似した風土の地である。植生も異なり、鹿児島県と言うものの鹿児島は鹿児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(541)週刊誌の皇室記事に不快

今週の週刊誌、文春・新潮の広告を新聞紙上で見た。見出ししか見てないが、皇室関係をトップにしていた。率直なところすごく不愉快。皇室について、タレントさんなど同じ目線で週刊誌の記事にするというのは如何なものか。そこまで皇室を引き下ろして何になるのだ。まして、あの方々は反論も釈明もできず常に衿持(注:何故この言葉がパソコンに出てこないのか)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(540)令和で想う万葉集

新元号が令和と決まった。安倍首相の談話について同じ想いであり、日本人の心に染み入るところがある。 万葉集についてはそんなにというか、あまり知らないでいるが、少し齧ったところで、和歌では最も親しみやすく共感を覚える。平安時代以降の洗練された和歌の数々、確かに良いものが数多くあるけれどれど、それらは貴族や武士という限られた階層の人たちのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more