(548)新年の初山歩き(84歳が 術後初めての山歩き)

旧年5月初め六甲山から下山途中に転倒して肋骨を折り、お蔭で腎臓がんが見つかり、7月に手術して左腎臓を摘出した。以後、術後の体調回復に苦しみ、山歩きなどとてもできない状態が続いていたが、現在は略回復した。というところで、山歩きが懐かしく復活したいし、ウオーキングはそこそこしているものの、まだまだ歩きが不足しているしと思いもある。しかし、遠出には自信もなく、近隣の山辺を歩きたいと思っていたところ、のせでんハイクがあり、近場の妙見山ということであったので参加した。ここであれば何かあればケーブルもあり、自宅に近く、また、同道の人たちも多く安心であった。
8か月ぶりの山道である。やはり、舗装道路を離れ、落ち葉に覆われた地道は気持ちがいい。元々田舎育ちの者としてはこれに限る。大勢の参加なので、場所によっては渋滞状態、これがわたしにとっては好都合、足慣らし登山にはもってこい状態。
久しぶりの山仲間たちと談笑しながら無事山頂に。お神酒の振る舞いがあったが、ごく一口頂いて昼食場所へ移動した。
下りは上杉尾根を仲間4人で下った。89歳と私たち84歳2人、まもなく79歳の計4人皆元気、89歳は黙々と常に私の前方を歩く。まだ自分も弱音を吐かず元気にしておかねばと思わせる先輩の姿である。
しんがりを務めて私は下山。楽しかった。気になっていた痛めている腰と膝と足裏にさして痛みも出ず無事完歩できたことを感謝。
出来るだけ機会を見つけてぼちぼち山に行こう。
春には最後の久住登山の約束もあり、体力をつけよう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント