テーマ:山歩き

(548)新年の初山歩き(84歳が 術後初めての山歩き)

旧年5月初め六甲山から下山途中に転倒して肋骨を折り、お蔭で腎臓がんが見つかり、7月に手術して左腎臓を摘出した。以後、術後の体調回復に苦しみ、山歩きなどとてもできない状態が続いていたが、現在は略回復した。というところで、山歩きが懐かしく復活したいし、ウオーキングはそこそこしているものの、まだまだ歩きが不足しているしと思いもある。しかし、遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(531)菊水山と鍋蓋山山行雑感

サシバ(鷹)の渡りということを初めて知った。菊水山の山頂で大きな望遠レンズを構えた人がいて、声を掛けてみた。サシバの渡りを撮影するためだとのこと。話を聞いている間、山仲間も三々五々集まりその渡りについて色々と教えてもらった。食事を始めているとサシバが飛んでいるということで、大空を見上げると天空に一羽二羽と飛んでいた。やがてそれが筒状に舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(512)六甲山系摩耶山に登って

久しぶりに昨日山歩きをした。摩耶山登山に参加させてもらった。新神戸駅から布引の滝を経て地獄谷道で登り山寺尾根を下りて阪急六甲へ帰着するルートである。 以前このブログにも書いたが、九州生まれの私は就職で60年前関西に出て来た。しかし言葉や暮らしぶりに馴染めず、郷愁の念止み難く、武庫川沿いの社員寮から毎朝眺めねばならない六甲の山並みが嫌で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(507)六甲山に登った

昨日(11月7日)六甲山に登った。月一で登る六甲山に登る会に何年振りかで参加させてもらった。有馬瑞宝寺から稜線を登った。週に3回は六甲山に登るといういつもの達人の案内である。マイナー道を行くことが多いので面白い。 予想外であったのは、六甲はすでに紅葉であったこと。今年は紅葉が早いのか。これではそろそろ紅葉名所にも足を伸ばさねばならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(501)行って良かった修験道の山求菩提山

福岡県豊前市に有る求菩提山(くぼてさん)に行って来た。数年前、山仲間が英彦山とこの求菩提山(792m)と登って来て、英彦山よりむしろ求菩提山が良かったと話していた。福岡県出身の私は実はその山の名前を知らなかった。そこで、修験道の山で英彦山より良い山とは何処なのだろうと調べた。そして、私も興味を持ち、一度登ってみたいと思いつつ実現しないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(495)久しぶりの雪景色を追って妙見山へ

大荒れの寒波で珍しく当地にも積雪を見た。最近これだけ雪が降り続くことはあまり記憶にない。庭に積もった雪を見るのは何年ぶりだろう。 朝方妙見山に登らないかと誘いの電話があったが、起き抜けでもあり、最近は山もご無沙汰で、膝の感じももう一つであるので、雪の山に登るなんて発想は全く失くしていたので、どうぞ行ってくださいと即座に断った。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(481)八ヶ峰

京都北山の八ヶ峰に登った。旧美山町と福井県名田庄との境の山である。膝関節の損傷で、まだ十分回復もしていないし、先々週も但東町と峰山の境の高竜寺岳に登ったばかりで、その際、下りで少々辛い思いもしていた。続けさまはどうかなと一度は辞退していたが、アップダウンはあるもののそう膝の負担もなさそうということと、美山町までの走行時間を確認したい事情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(478)酷暑の猿子城山に登るー膝痛の回復度確認も兼ねて

連日の35度を超える酷暑の中、4人中1人を除き後期高齢者という、もの好き男女が泉佐野の猿子城山(709m)に登った。8月19日のことである。 遅い干支登山である。春から予定をしておきながら、天候や誰彼の体調不良などで、なかなか実現できず、とうとう夏真っ盛りに行くことになった。 リタイヤしてもう都会には縁が薄く苦手な我々、何時もの自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(465)地震で山行を中止して

5月下旬から、久住・三俣山と由布岳に登る計画があた。予て山仲間の女性たちに連れて行けと懇願されていて、昨秋、日の長い春にしようと決めていた。ところが地震で中止をした。しかし、折角日程を空けているから別のところに行こうではないかとこれも懇願されて、エッ!、また仕切りなおしで探すのか止めてくれよと思いながも、渋々考えたが、あまり馴染みも知識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(463)ヒカゲツツジの散った向山

丹波市の向山に登った。もう多分散ってしまっているだろうと思いつつも一縷の望みをもって、ヒカゲツツジの山を目指した。結果は無残にも花びらの欠片一枚も落ちていない痕跡をまったく残していない状態で、花の跡に新芽が勢い良く伸びていた。忌々しくそれを眺め、折角来たのにとか、ブツブツこ小言をいう。「今頃来てなんだよ!文句言うなよ」とツツジの木々から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(459)62年前の久住佐渡窪

この写真は1954年(昭和29年)7月28日の佐渡窪の写真です。18歳大学一回生の頃です。黒い塊のようなものは放牧中の牛です。夏場はここに上げて放牧していたのです。 こちらは2016年(平成28年)3月16日即ち今年の写真、地面は草が生い茂っています。牛が来ないからでしょうか。 何故こんな写真を並べたか。私にとっては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(452)2016年の日の出

のせでん主催の能勢妙見山の初日の出の遥拝に参加した。かねて一度行ってみようかと思いつつ行かないでいたが、しんどいなあと思いながらも、80歳になったところで覚悟を決めて4時に起床して、参加した。 電車は通勤並みの人で、元旦早々この山奥までこれだけの人が来るのかまずはびっくり。歩き出してみて渋滞状態でまたびっくり。 妙見口に降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(451)やっと目にした冬の風景

11月中旬というのに下界は晩秋の趣。1000mに登ってやっと目にした冬の風景寒いのは辛いけど冬至も近いというのにこれでは困る。 暖かい代わりにというのも変だけど、朝霧が今年は良く出て幽玄な世界を造る。竹田城如何許りか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(444)久住散歩

;秋になればまたもや久住に行こうと決めていた。10月13日神戸から”さんふらわ”に乗り出発した。 船上からサンセットを眺め、夜の明石大橋を頭上に見上げる。 大分港から予約していたレンタカーで別府へ。駅近くの市営海門寺温泉(100円)で朝風呂。地元の人が沢山入浴中であった。その後大分道に入り別府湾SAで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(443)笠形山に登る(蜂と熊)

笠形山(939m) 27年10月6日 天候晴れ  登山者:男性3名(81歳7ヶ月、79歳11ヶ月、76歳10ヶ月) 市川町の登山口より笠形神社コースで登る。 9:15登山口発-9:50鳥居着ー10:00笠形寺ー11:05笠形神社(ここまでは舗装道路)-11:20見晴らしの良い小広場ー(暫くしてこれから長い木の階段)-12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(439)のせでんウオーク

昨日は待ち焦がれた爽やかな秋晴れの一日であった。少し蒸し暑さはあったものの快適な日であった。のせでんウオークの定例コース高代寺コースに参加した。少しばかりの山歩きであったが、仲間と談笑しながらの初秋の森に浸った。昼前に下山して、約束であったくるくる寿司で昼食。昼間のビールに酔ってしまい。千鳥足気味に帰宅して気持ち良く昼寝を貪った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(435)真夏の山歩き

行きたいと思いながら実現してなかった山歩きが出来た。もっとも近場で半日コース催し物への参加である。 夏が近づくと私の低血圧ぶりが進み、低い時は上が80台前半になる。そのせいか初夏は体がけだるくて大変なのである。多分何も無いと思いながら病院で色々検査してもらったが、やはり何も無い。だけど体がだるく、常に横になりたい気持ちで日々を過ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(405)五台山(丹波)を目指したが

先日、丹波の五台山への山行に参加した。前回はもう20数年前だろう。正月に登った。久しぶりで楽しみであった。岩瀧寺に車を置いて、登ることにする。着いてみると寺の下を流れる独鈷の瀧からの川は大きくえぐられ、寺の立っている斜面も応急処置で土嚢が積み上げてあり、橋は流れ道は途切れであった。それでも境内を抜けて滝壺から登山口のあるご本尊不動明王の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(387)欲張り九重登山

予ねてより、山仲間に再度九重山に連れて行けと懇請されていたけれども、大好きな九重のことであり、行くのは行きたいけど、できない事情もあって、先延ばししていたが、それも限界で今回やっと実行した。男2人、女2人のパーティである。結果はすばらしい山歩きで、一同大満足で帰ってきた。次は何時だ。今度はこの山だと早くも次回についてせっつかれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(386)今年もクリンソウを観に行った

5月13日今年も篠山市の御嶽のクリンソウを観に行った。 明日から食道がんの治療のため某大学病院に入院するという人のランドクルーザーに乗って男4人。 晴天である。4月とは比べ緑を濃くして来てはいるけれど木々の若葉が陽光に映える。 出掛けるなら山で、街にはなかなか足が向かない。あの街中の人混みと喧騒はやりきれない。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(381)春の銅山=宍粟市 26.4.25

4月25日、宍粟市の銅山に登った。新緑が目に沁みた。登山のことは後述するとして、付近の山々のパステル調の山肌に見惚れてしまった。秋の紅葉も色とろどりであるが、春先のこの淡い色合いの色とりどりも、また、それと異なる美しさがある。むしろ、私はこちらを好む。その前日眺めた北摂の新緑も、あたかも緑のビロードを被せたような柔らかい山並みで見入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(371)のせでんウオーク参加の記

のせでん耐寒ハイキング参加してきました。 二時過ぎ帰宅しましたが、心地良い疲れとゴールで戴いた振る舞い酒が効いて眠いようなぼんやりした状態です。 先般参加したとき、乗っていたリフトの上から愛用の竹の杖を落としてしまい、のせでんの方に拾ってもらいました。この度も、登り口の衣服調整の際に付けたはずの軽アイゼンが片方はずれたのに気がつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(370)小世山山行 

昨日(平成26年2月7日)兵庫県市川町と神崎町の境界にある小世山(706.1m)に登った。天候は晴。78才2名(筆者含む)を最高に70代5名、60代1名、計6名、男女それぞれ3名。 手前の奥山と兼ねて登るルートもあるようだが、老齢軍団であり、小世山を単独で登ることにした。余り知られてもなく、詳細の判らない山だけに低山とは言え、ルートを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(364)三岳山(雪の日)

10日、福知山三岳山に行った。今日から日本列島に大寒波が到来するという日であった。舞鶴道では西紀SAのところで、タイヤチェーンのチェックが行われており、そのため長い車の列ができ、徐行を強いられた。福知山に近づくにつれて山は雪山になって行った。9号線から野花で426号線に入り、三岳小学校の手前から右折して登ってい行った。銀世界である。喜多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(354)園児と一緒の久住登山 ・赤川登山道の紅葉

大船山に登った翌日、{(353)九重・大船山の紅葉を見にー参照}牧の戸峠から星生山、久住山と登り、赤川温泉に下りてきた。昨日大分港で借りたレンタカーを赤川登山口に置いて、宿で手配してもらったタクシーで牧の戸峠に行った。今日も快晴。ウイークデイであるが、流石にここは登山客が多い。文字通り老若男女、私のような80歳近い老人もいれば、なんと幼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(353)九重・大船山の紅葉を見に

昨年、行くのが遅すぎて見損なった九重・大船山の御池の紅葉を見に行った。(2012.11.11またもや九重山ー参照)昨年は紅葉が早く、11月の初旬であったが、もう完全に落ち葉になっていた。今年は逆にいつまでも暑かったためか遅れていて、10月31日、少し色がくすんで来ていたが、かろうじて間に合った。ウイークデイではあったが、かなりの人数の登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(350)大箕山(おおみやま)=丹波富士

丹波市青垣町の大箕山に行った。626m、距離的にも近く、標高からしても楽な山行だろうとそんなつもりでこの山行に参加したが、なんのなんの厳しかった。だけど面白くもあった。遠目には均整の取れた秀麗とまでは言わないけど丹波富士と言われるのも頷ける山であった。こんな山は意外ときついぞと誰かが言った。その通りだった。 まず、登山口が判らない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(329)来日岳(くるひだけ)登山

城崎温泉の背後にある来日岳、僅か567mの低山であるのに、わざわざ遠い城崎まで行くのかとか思いながら総勢9名のグループに参加させてもらった。昨年12月にもチャレンジしたが、雪であり、時間的にも余裕がなく1/3位のところで断念して下山した。 城崎駅の手前の円山川沿いのところから、JRの小さなガードを潜って登山口へ。取り付きの支尾根に出るま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(313)春の九重(2)ー大船山

前日に続き22日、今度は大船山に登った。今回の九重登山は、九重連山の南斜面からの登山をしてみたい。更にできれば男池からも登ってみたいということが目的であった。 そして、しかし、一人で行くのは心配でもあり、一人で神戸から船に車を載せて来るのも大変だし、ということでお仲間を誘っていたところ幸いにも3名の参加希望者があった。 三名とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(312)春の九重(1)ー全山霧氷でビックリー扇が鼻,久住山

4月21日と22日九重に行った。21日赤川登山口(9時20分)から扇が鼻経由のルートで久住山を目指した。ところが思いもかけない絶景に遭遇することになった。麓から眺めると山頂はガスに覆われていたが、中腹の木々が白っぽく目に映り、桜でもないし何だろうと話ながら登って行った。ところがそれは樹氷(霧氷?)であった。関西から朝の船で着いたばかりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more