テーマ:旅・観光

(542)奄美大島に行って

超忙しいツアーで奄美大島に。伊丹空港からは一日一便、一泊旅行は行きに乗った便の帰り便で帰らざるを得ないので、正味24時間も滞在時間が無い。そこへ持ってきてシステムトラブルとかで出発が遅れ、益々忙しい。それでも行って良かった。 奄美は亜熱帯というのか、少なくともそれに近似した風土の地である。植生も異なり、鹿児島県と言うものの鹿児島は鹿児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(535)丹波篠山の深い霧

朝の篠山盆地は深い靄に包まれていた。県道12号線で猪名川町から峠を下って篠山に入った途端真っ白であった。一瞬天候不良になったのかと思った。目的の西部地区の文保寺まで10数キロ走れども靄は続いた。篠山の黒豆が美味なのはこの靄が有るからだと話に聞いていた。それを思い出して、そうだろうと納得しながら車を走らせた。寺の山門も靄の中だった。 寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(533)久住山の紅葉と温泉

10月16日、17日と久住に滞在した。16日、麓のくじゅう花公園に妻を下ろし、一人牧ノ戸峠から久住山に入山した。といっても星生山登山口までも行きつかず下りて来た。時間も限られ、体調も不順であったから。それでもやはり来てよかった。この山の景色は何度見ても飽きない。折から紅葉が山肌を覆っていた。この度はそれを眺めながらの散策に徹した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(532)角島大橋と福徳稲荷、川棚温泉と瓦そば(山口県)

角島大橋に行った。前日、川棚温泉に宿泊。何年振りかで川棚の湯につかり、名物の瓦そばを食した。かって同窓会のついでに、この地にあった別荘に戦時中に疎開し終戦後も暫く居たというSさんに一度案内してもらったことがあった。、あれから何年になるのだろうか。彼女はもう天国に行ってしまった。今回は妻を案内して来た。 宿泊した竹園旅館は名前に因んでか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(524)博多祇園ーお汐井取り見物

丁度博多に滞在中の7月9日が博多祇園の「お汐井取り」で全流の全ての人達がこの日初めて締め込み姿で集まり筥崎浜までお汐井取りに行き筥崎宮にも参拝してくる日と知ったので、まだこれは見物してないので、折角だから見てみることにした。大宰府から帰りホテルに一度戻ってから中州へ行った。道々これから出かける人たちの姿が有った。川端通り商店街に着くとそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(521)大宰府を歩く

大宰府は菅原道真公を祀った天満宮が有名で、多くの人がここに参拝する。今や外国人も多い。しかし、大宰府と云えば、大昔、7世紀の頃から西の都として当時の国際都市として栄えたところである。現在は日本遺産に認定されている。ということで、天満宮は兎も角としてもその遠い昔の遺跡を訪ねてみたいと思いこの度訪ねてみた。 まず、西鉄都府楼前駅で下車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(520)福岡篠栗を訪ねてー巨大涅槃像ほか

福岡県へ行く用事がりついでに、前々から気になり訪ねてみたいと思っていた篠栗町、大宰府、そして博多祇園と廻ってみた。 篠栗町  北九州市生まれである私、子供の頃良くこの名前は耳にしていたが訪ねる機会もなく離れて行ったので、一度訪ねてみたいと予てより思っていたところ姪が案内を買って出たので行ってみた。 まず姪がご推奨の若杉山中腹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(517)蒲生の大楠

鹿児島姶良市蒲生の八幡神社の大楠を見物に行った。実は二度目で一度目当時はジョキングに励んでいた頃で、妻の実家から早朝多分往復30km位を走って行った。当時は境内にポツンと有るだけであったが、今は観光名所としての形が出来上がって様子が変わっていた。この大楠をはじめ社殿裏にも大きな木がニョキニョキと聳え立っていたその光景が強く印象に残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(501)行って良かった修験道の山求菩提山

福岡県豊前市に有る求菩提山(くぼてさん)に行って来た。数年前、山仲間が英彦山とこの求菩提山(792m)と登って来て、英彦山よりむしろ求菩提山が良かったと話していた。福岡県出身の私は実はその山の名前を知らなかった。そこで、修験道の山で英彦山より良い山とは何処なのだろうと調べた。そして、私も興味を持ち、一度登ってみたいと思いつつ実現しないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(498)大分温泉めぐり

妻の東京在住の親友が別府をはじめ大分に行って温泉にいっぱい入りたいという希望があるということで、それならしばしば当地を訪れれている小生に案内させようということになって、3月半ば、80歳代3名が杖を持って出かけた。行きはフェリーで神戸を出発。大分港に着いてからレンタカーで別府に向かう。早速朝風呂である。 彼女たちは竹瓦温泉。私は新しいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(480)18切符で鞆の浦を訪ねて

青春18切符が一枚残っていたので、前回行きだせなかった鞆の浦に行った。姫路で新快速から普通に乗り換えるとき、明らかにご同輩と思われるリュックに野球帽の老人が幾人も乗ってきた。今まで経験の無かった者にとっては、ヘエ~そうなんだ。大勢利用しているのだ。青春切符ではなくシルバー切符の方が良くはないかとか思う。 12時前に福山に着き、12時発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(474)能勢の大ケヤキ

この頃の暑さに自宅で鎮座しているのも苦しく、酷暑と快晴のこの日、出掛けた。ジムに行くことが主目的であったが、能勢の大欅の元で、屋台スタイルのコーヒーショップが開かれていると能勢町の観光案内パンフに載っていたので、それも覗いてみたいとの思いと、ついでにもう一つの農家民宿で振舞われるとかのランチピザとはどこかということも知りたくて車を走らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(473)青春18切符真夏の瀬戸内旅行ー竹原ほか

妻のリクエストで青春18切符を利用して旅に出た。 行き先は広島県竹原町、街並み保存地区と近くの大崎上島の温泉から瀬戸内海を眺めることのできるホテル清風館である。 塩田と北前船の寄港地としてかっては栄えた街だそうだ。古い町並みも観光用に保存してはあるけれど、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(461)雨の城崎にて(4月7日)

朝からの雨は止む様子もなく振り続け、芽を出したばかりの柳を濡らしている。大谿川に架かる橋を渡った突き当たりの処で「地獄湯」の暖簾が目に入った。昼食を一緒に済ませ仲間達と店先で別れ、この温泉の名物である外湯に浸かるべく歩き出したばかりであったが、この湯に入ることにした。昼食に新鮮な美味しいお刺身を食べ仲間に勧められるままに少量の日本酒を頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(432)あべのハルカス(金比羅宮のたからもの展)に行きました。

あべのハルカスに初めて行きました。目的は美術館です。「金比羅宮のたからものの」展示を観に行くためです。以前金比羅宮にお参りした時、円山応挙の襖絵があることを知りその時、観て帰りたかったのですが、仲間との山登りの途中のことで、そのチャンスがなく、以来なんとか見てみたいとずーと気に懸かっていましたので、それがハルカスに来るというので、楽しみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(431)年金生活者の別府温泉巡りと中津市観光の日帰りの一人旅

年金受給者のケチケチ温泉めぐりのお話。法事があって福岡へ行かねばならないついでに、どうせ前日から入るのであればと、別府の温泉巡りと福沢諭吉翁の故郷の中津市を訪ねてから福岡に行くことを考えた。 まず、神戸から大分行きのフェリー。「船で泊ろう」の格安料金。ツーリストクラス7090円で乗船。出張組と思われる数名と同室。20名定員の大きな部屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(426)旧友との阿蘇の旅

福岡に所用で行ったついでに、高千穂に近いところに住む旧友と阿蘇で久しぶりに落ち合うことにした。 10時前熊本に着いた。新幹線「さくら」で博多から僅か38分で着く.。隔世の感あり。 友人に熊本駅まで迎えに来てもらって阿蘇へ行く。生憎雨模様になって、山はすっぽりとガスに包まれてしまった。阿蘇の道の駅に立ち寄り、そこから登山道を登って行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(420)青春切符の旅

岐阜に行ってきました。”青春切符で行きませんか”とお誘いがあり、善男善女10名、青春ならずジジババが嬉しそうに遠足よろしく雨の中はしゃぎながら、何度も電車乗り換えて岐阜市まで行きました。行って何をしたか。ただ金華山・岐阜城にケーブルで登り、川原町を傘射してす~と歩いただけ。昼食適当なところがなく岐阜まで行って、ファーストフード。そしてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(419)ある日の京都散策(御所の一般公開、狩野派展、清水のライトアップ)

春の京都に、昨日行きました。清水寺の夜のライトアップの招待券をもらっていたので、第一の目的はそれであったけど、御所の一般公開が最終日であり、国立博物館の「狩野派ー永徳の後継者たち」が初日であり、雨が続く中で珍しく雨マークでなかったので行くことにしました。 御所は昨年も来ていたので、一年ぶりです。最近割りとよく読んだり、聴講している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(400)筋湯と好きな温泉の話

”打たせ”と言えば筋湯というくらいの筋湯温泉の打たせ湯(大分県九重町)に久しぶりに行った。10数年ぶりである。 古めかしい小屋とでもいうような建屋の中で、打たせが激しく落下し、湯船の湯は浸かることを躊躇わせる高温であるとのイメージが残っていた。なんでもその熱い湯を混ぜるとかで、大きな板状のものがあったことも憶えている。今回来てみると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(395)出羽三山などの旅の感想

妻の懇請で庄内地方というのか出羽三山を中心の東北旅行に行った。 以前、みちのくは緑、みちのくは森という詩をこのブログに載せた。今回数年ぶりに行ってみて、やはり緑と森の国と思った。特に今回はブナ林を訪れることが大半であった。ブナの森は深く、大木が繁るその様は壮観である。これこそ森であると思わせる。その林に柔らかい陽光が差し込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(358)赤川温泉

私は温泉好きである。毎年、新規開拓の温泉は10箇所を越える。逆にいえば10箇所以上の新規開拓を目標にしている。今年も10箇所を超えた。中でも最も気に入ったのは、大分県、久住山直下の赤川温泉である。昔から度々訪れている土地ではあり、すぐ近くも頻繁に通っているのだが、関心がなかったというか、実は最近迄知らなかった。偶々、ここの登山口から登り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(328)伊勢神宮参拝

伊勢神宮へ参拝に行った。伊勢街道は途中、ちょうど真ん中辺りまで歩いたが、最後迄行けなかった。山の会の企画には日程の都合でなかなか参加できず、行けなかったところを自分で歩いたりして繋いでいたけど間に合わなっかた。 もっとも是が非でも行きたいという強い思いもなかった。 ともかくも今回最終で、いよいよ参拝ということであったので、遷宮の年で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(314)春の九重(3)ーガニ湯で失敗

山から下りて長湯温泉に宿泊した。もう何年も前から一度行ってみたい。文人墨客も多く訪ねた古くからの湯であり、どんなところだろうと思いながらも、毎年のようにこの地に足を踏み入れながら、ここをを訪れる機会がなかった。 やっと念願叶った。泊まったところは湯治宿である。到着後早速外湯に行った。ここの温泉はぬるいお湯と熱いお湯とがあり、交互に入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(283)秋色を九州に追って(2012年の紅葉①)

今年の秋は紅葉が早く、色もきれいであると言われていた。二度目の九重連山への山行を迷っているとき、法華院山荘に問い合わせた時も同じことを言われた。まあ言えばそれが、決行を促したことになるのだが。 しかし、11月3、4日の九重山はすでに秋は終わり、冬支度であった。                    大船山山頂御池、二週間前は真っ赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(263)ブルージュ ---(オランダ・ベルギー旅行その1)

オランダ・ベルギーにツアーに参加して行った。予ねての家人の希望であったので、丁度日程面でも都合の良いときでもあり、折からの円高、ユーロ安もあったので、重い腰を上げた。 とは言え届いた行程表を見て、長時間のバス移動も多く、往き帰りの飛行機も考えると、辛いなとの想いを胸に出かけた。 長時間の飛行機は辛かったけど、旅行そのものは、思ったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(251)高井から山粕まで=伊勢街道

伊勢街道を今回は高井から山粕集落まで12kmを歩いた。山の会の人たち11名であった。何時もは他の用事があって、なかなか皆と一緒に歩けない。今回は他と日程が重ならず参加できた。皆と歩くのは楽しい。とは言え当初はそんなに本気で伊勢街道を歩くつもりではなかったが、始めてみると、折角なら全部歩こうという気になって、会に参加できないところは自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(247)宮島

宮島に行った。青春18キップでの日帰りのお誘いに乗った。青春とは凡そ遠い年齢層10名、些かお疲れでもあったが、それでも元気に一日を過ごした。6時に出発し帰着は10時半であった。宮島滞在2時間弱。天候に恵まれ桜は満開。いい1日であった。 前回訪ねたのは、大学3回生、研究室の仲間と一緒だった。もう55年も経っている。当時は青春キップは勿論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(245)南生駒から猿沢の池まで=伊勢街道を歩く

昨日、伊勢街道を南生駒から猿沢の池まで歩いた。玉造から南生駒までと長谷寺から高井までと、折角歩いているのだからと、その間を繋ごうと思い立って出掛けた。うららかな春の日であった。南生駒には9:44分に着いた。 玉造のスタートは山行会の例会に参加してのものであったので、玉造稲荷でお祓いを受け、行程図を頂いていたので、それに従って歩き始めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(241)早春の暗峠越え

いささかお疲れであることもあるけど、このところ外出することが、億劫である。老人性の鬱のはじまりかもしれないが、出かけるまでに可なりの力がいる。その割りに良く出かけているけど、、。そんな中で、枚岡神社の梅林から暗峠を越えて、生駒へ、云えば伊勢街道を歩こうと急なお誘いがあった。率直なところ、ちょっとカンニンね!という心境であったが、聞いてほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more