(509)新年度の医療報酬予算に疑問

30年度の予算で医療費の内、医療報酬は0.55%と引き上げ薬剤費は抑制になるらしいが、そんなこと我々は納得できない。どうも医師会と自民党の関係がそうさせたみたいだ。医師でも開業医と勤務医がいる。我々庶民から見ると病院の勤務医の大変さは理解できる。報酬アップは必要かと思う。しかし、開業医に何故上げる。もう十分ではないのか。むしろ下げても良…
トラックバック:0

続きを読むread more

(508)「アメリカの鏡・日本」の読後感

ヘレン・ミアーズさんの「アメリカの鏡・日本」を読んだ。アメリカでは1948年に出版されたが、日本での出版は、時の連合軍司令官のダグラス・マッカーサー禁止されてた。やっと日本語訳が出版されたのは1995年である。おそまきながら今回読んでみた。小さな字でびっしりと書かれた400頁を超える大著には読むのに老齢の身には一苦労であった。西洋人の著…
トラックバック:0

続きを読むread more

(506)今年の紅葉ー017年

今年は紅葉が早かったのかと思っていたが、案外そうでもなかったようだ。しかし全般的には色合いがもう一つであったように思う。前述の六甲山以外で愛でた紅葉を示す。 (11/7~11・21) 篠山篭坊温泉 …
トラックバック:0

続きを読むread more

(507)六甲山に登った

昨日(11月7日)六甲山に登った。月一で登る六甲山に登る会に何年振りかで参加させてもらった。有馬瑞宝寺から稜線を登った。週に3回は六甲山に登るといういつもの達人の案内である。マイナー道を行くことが多いので面白い。 予想外であったのは、六甲はすでに紅葉であったこと。今年は紅葉が早いのか。これではそろそろ紅葉名所にも足を伸ばさねばならない…
トラックバック:0

続きを読むread more

(505)何故小池百合子氏なのか?

私には何故彼女を人気で、それだけでなく、評価し買っている人が多数なのかわからない。大衆にアッピールすることに極めて長けた人であることは判る。民主主義の世の中全員が平等に参政権を持ち多数決なら、大衆に迎合することが極めて大事であることはわかる。その意味では大した才能だ。 だけど、国の指導者としての手腕があるように思えない。ちゃぶ台ひっく…
トラックバック:0

続きを読むread more

(504)キュウリに教えられたこと(出産適齢期のこと)

一坪にも満たない庭の片隅の菜園で胡瓜を植えている。不器用で緻密なことが苦手なのだが、今年は慎重に丁寧苗を植えた。その甲斐あって、立派な胡瓜を採ることができた。 しかし、きゅうりの収穫できる期間は短い。すぐに勢いがなくなり、曲がったものや発育不全のものしかできなくなる。ゴーヤだって同じだ。そして、想う。生物は植物と言わず動物と言わず健全…
トラックバック:0

続きを読むread more

(503)徳川美術館で感じたこと

先日、青春切符の残り物の一枚を使ってくれないかとの知人の依頼を受けて、行く先を探し、名古屋市の徳川美術館に特別展が有ったので、行ってみた。徳川家をはじめとして天下を征した武家の所蔵品であろうから、贅を尽くし豪華ではあろうが、美術的に優れたという視点では感銘を受けるものはそれほどないだろうと思いながら出掛けた。 到着してみるとさすがに徳…
トラックバック:0

続きを読むread more