アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
りゅうさんの独り言通信
ブログ紹介
傘寿を過ぎた男が綴る ”暮らしぶりと思い”

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(505)何故小池百合子氏なのか?
私には何故彼女を人気で、それだけでなく、評価し買っている人が多数なのかわからない。大衆にアッピールすることに極めて長けた人であることは判る。民主主義の世の中全員が平等に参政権を持ち多数決なら、大衆に迎合することが極めて大事であることはわかる。その意味では大した才能だ。 だけど、国の指導者としての手腕があるように思えない。ちゃぶ台ひっくり返すこと、敵を作り叩きのめすことはできても、次にそれに代わる建設的な政策策定能力、行政手腕があるとはとても見えない。また、人や組織をまとめる懐の深さも感じられな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 15:01
(504)キュウリに教えられたこと(出産適齢期のこと)
一坪にも満たない庭の片隅の菜園で胡瓜を植えている。不器用で緻密なことが苦手なのだが、今年は慎重に丁寧苗を植えた。その甲斐あって、立派な胡瓜を採ることができた。 しかし、きゅうりの収穫できる期間は短い。すぐに勢いがなくなり、曲がったものや発育不全のものしかできなくなる。ゴーヤだって同じだ。そして、想う。生物は植物と言わず動物と言わず健全に育った子孫を残す時は親も元気な時なのだ。これが自然の摂理なのだ。この摂理を覆すことはおそらくできないのではないか。地球上に生きている限り人間だって域外にない。科... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 09:40
(503)徳川美術館で感じたこと
先日、青春切符の残り物の一枚を使ってくれないかとの知人の依頼を受けて、行く先を探し、名古屋市の徳川美術館に特別展が有ったので、行ってみた。徳川家をはじめとして天下を征した武家の所蔵品であろうから、贅を尽くし豪華ではあろうが、美術的に優れたという視点では感銘を受けるものはそれほどないだろうと思いながら出掛けた。 到着してみるとさすがに徳川家、豪壮な美術館や庭園で違った世界のようであった。 入館して展示を見て、驚いた。展示品の刀剣や甲冑など武具にしろ、調度品であれ、芸術的かどうかは兎も角工芸品と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 17:36
(502)家族葬に考える
80歳を過ぎると葬儀のことも気になる。今や家族葬が定番のようだ。今日ウオーキングの途中先般亡くなられた方のお宅の前で、ご家族の方をお見かけした。実は亡くなられた少し前に偶然お会いして立話をしていて、その後、自治会会報で死去されたことを知りビックリし、また、何故急に亡くなられたか知りたかった。趣味のクラブに通っていた頃のお仲間で、ご年配のご婦人であったけれど、仲良くさせてもらっていた。それだけに今日ご家族と顔を合わせた時にちょっとご挨拶もしたかったが、一瞬躊躇してそのまま通り過ごした。そしてご挨拶... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 17:36
(501)行って良かった修験道の山求菩提山
(501)行って良かった修験道の山求菩提山 福岡県豊前市に有る求菩提山(くぼてさん)に行って来た。数年前、山仲間が英彦山とこの求菩提山(792m)と登って来て、英彦山よりむしろ求菩提山が良かったと話していた。福岡県出身の私は実はその山の名前を知らなかった。そこで、修験道の山で英彦山より良い山とは何処なのだろうと調べた。そして、私も興味を持ち、一度登ってみたいと思いつつ実現しないでいた。一つは同じ県内とは言え、土地勘がなく、地図を眺めてもアクセスがどうなんだろう。果たして麓までの交通機関があるのだろうかとか思い延び延びになっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 14:22
(500)ものは考えよう
シマッタ!忘れ物したので、取りにまた帰らなくちゃ。                          いいじゃないか。 余計にウォーキングできるではな                いか。嬉しい。                    −ウオーキング目標を                     持っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 09:36
(499)曽我蕭白「雲龍図(レプリカ)」を見ての感想
(499)曽我蕭白「雲龍図(レプリカ)」を見ての感想 何年か前、天王寺の大阪市美術館でボストン美術館展があって、出掛けたことがあった。同美術館が所蔵する日本の絵画の展示であった。その展示の最後に曽我蕭白の「雲龍図」の一部分があり、それを見て、仰天してしまった。あまりにもスケールの大きな絵で釘付けになった。日本にもこんな豪快な絵を描いた人が居るとはと感激とも感動つかない想いに駆られた。その日、それまでに観て来た数々の絵の印象はどこかに飛んでいってしまい、この絵だけが記憶に残った。まさに圧巻であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/17 14:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

りゅうさんの独り言通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる